三井住友銀行カードローンの審査は、保証会社による基準が重要となります。

未成年のキャッシング利用

カードローンやキャッシングによる借り入れの利用は、現在では未成年では非常に難しくなっています。三井住友銀行でも未成年者の利用は認めておらず、安定した収入を持っているとしても年齢条件が定められているために申し込みができません。

他の借り入れ先を見ても、ほとんどのところで満20歳以上と利用条件を掲げています。銀行だけでなく大手の消費者金融でも未成年者の利用はできなくなっているので、お金を借りたいとなってもなかなか借り入れ先が見付からないのが現状です。

ただ、未成年の学生の方などは、一部の学生ローンなどであれば利用ができる可能性があります。大手の消費者金融や銀行での借り入れのように大きな金額が借りられるわけではありませんが、少額であれば審査の結果次第で借りられます。

借り入れ先には注意をする

未成年者がお金を借りるにあたっては、借り入れ先に注意をしなければなりません。学生ローンの利用にしても正規の貸金業者であるのか、怪しいところではないのかをしっかりと調べ、利用後にトラブルにならないようにしなければなりません。

中には法外な利息を請求する悪徳業者も存在し、知らず知らずのうちに高い金利での契約をさせられてしまう場合もあります。こういった悪徳業者は返済ができなくなれば厳しい取り立てを行っていきますので、絶対に接触をしないようにしてください。

一度でも借りてしまうと様々なトラブルのもととなりかねませんので、少しでも怪しいと感じた場合には借りない、きっぱりと断ることも大切です。

一部金融機関で借りられる

大手の消費者金融や銀行では未成年者の借り入れはできませんが、一部の信用金庫などの金融機関においては、未成年の方でも親権者の同意などがあればお金が借りられる場合があります。

同意が必要となるために内緒で借りるわけにはいきませんが、お金が必要となった場合には信用金庫でお金が借りられれば安心ができます。

信用金庫での借り入れなら学生ローンで借りるよりも金利負担が抑えられ、悪徳業者に引っかかってしまうリスクもありません。もちろん返済はしっかりと行う必要がありますが、困ったときには相談に乗ってくれるのも安心ができるポイントです。

トップへ戻る