三井住友銀行カードローンの審査は、保証会社による基準が重要となります。

銀行だからこそのメリット

消費者金融よりも利用が難しいとされている銀行のカードローンは、審査に通過をして契約をし、利用ができるようになれば様々なメリットのもとでお金が借りられるようになります。ただ単に消費者金融と比べて金利や限度額で優れているといっただけでなく、銀行だからこそのメリットがあります。

銀行で借りるメリットを知っておけばカードローンの利用もさらに便利になりますので、いくつかある銀行だからこその利点、優れている部分を確認してみましょう。

ATM手数料が無料の場合が多い

借り入れる銀行によっては、提携ATMでの利用手数料を無料とするカードローンがあります。三井住友銀行カードローンにおいてもコンビニに設置のイーネットATMやローソンATM、セブン銀行ATM、その他ゆうちょ銀行のATMでも利用手数料がいつでも無料となります。

消費者金融では大手であればコンビニや金融機関のATMでカードの利用ができる場合が多いですが、ほとんどは手数料がかかります。無料となるとしても一部に限られ、基本は借り入れも返済も提携ATM利用時には手数料がかかってしまうため、余計な出費がかさみます。

かかる手数料も1万円以下で100円と消費税、1万円超の利用で200円と消費税などとなるため、1万円を超える金額で借り入れと返済を行うと往復で400円と消費税の負担をしなければなりません。

これだけの無駄なATM手数料が銀行カードローンであれば避けられ、三井住友銀行かードローンでも上に挙げたATMであれば手数料の余計な出費はありません。契約後は便利に手数料を気にせずにカードの利用ができるため、困ったときに助かります。

借り入れが周りに分かりにくい

カードローンの利用はできれば周りには知られたくないもので、内緒のままばれずに借り入れや返済を行うのが理想です。消費者金融でも利用者のプライバシーはしっかりと守ってくれますが、やはりカードや郵送物の差出人で家族にばれてしまう可能性があります。

消費者金融は社名はサービス名を郵送物では伏せるため、よく分からないところからの郵送物としてWeb契約時にはカードなどが自宅に届けられます。

例えばアコムでは「ACサービスセンター」、プロミスでは「パルセンター」となり、パッと見では消費者金融からの郵送物とは分かりませんが、差出人名をネットで調べるとどこからのものかがすぐに分かってしまいます。

その点、銀行カードローンでの契約の場合には多くが銀行名での差出人での郵送物となります。銀行からの郵送物は口座開設をした後でも届くので、銀行から何かが届いたからといってすぐにカードローンの契約だとは分かりません。

また、ローンカードも銀行のキャッシュカードと近いデザインになっているものもあるため、カード自体を見られるとばれる可能性がありますが、財布から券面が少し見えてしまった程度であればローンカードとは分かりません。

借り入れを内緒にしたい方にとっても、銀行カードローンの利用には大きなメリットがあるのです。

トップへ戻る