三井住友銀行カードローンの審査は、保証会社による基準が重要となります。

銀行系と銀行の意味

ネット上にあるカードローンの情報を見ていると、銀行系や銀行と書かれている場合が多く、何が違うのか分からないと感じる方もいるのではないでしょうか。どちらも銀行と付くために特に違いは無いと考えてしまっている方もいるかもしれませんが、銀行系と銀行は別物となります。

一般的に、「銀行系」とされているところは銀行ではなく、銀行のグループなどにあたる会社やサービスを指しています。例えば大手消費者金融のアコムは三菱UFJフィナンシャル・グループとなるため、銀行系と呼ばれる場合があります。

対して「銀行」はそのまま銀行で、三井住友銀行カードローンなどのメガバンクにしても、その他の都市銀行や地方銀行においても銀行です。

紛らわしい僅かな言葉の違いとなりますが、銀行系と銀行はそれぞれ意味が大きく異なります。また、借り入れ先が銀行であるか否かによってカードローン利用にも大きな影響があるため、しっかりと確認をしておくようにしましょう。

銀行であるかは大きい

文字として見れば「系」が付くか付かないかの違いしかない銀行系と銀行ですが、銀行系とされる貸金業者と銀行ではカードローンの利用にあたってのルールが異なります。

貸金業者となる消費者金融は、銀行系であろうと独立系であろうと全て貸金業法に基づいた貸付を行わなければなりません。年収の3分の1までに貸付を制限する総量規制にしても、50万円を超える契約、または他社との合計で100万円を超える貸付となる場合の収入証明書の確認にしても、銀行系も独立系も消費者金融では必ず守らなければなりません。

しかし、銀行そのもので借りる場合には話は変わります。銀行は貸金業者ではなく銀行となるため、審査の結果次第では年収の3分の1を超える金額の貸付も行え、収入証明書類についても消費者金融よりも大きな金額まで不要とするなど様々です。

銀行であるか貸金業者であるかは大きな違いとなりますので、銀行系と銀行を混同しないように注意をしてください。また、ネット上には銀行系と銀行を同じ意味として扱っている場合もあるため、よく確認をするようにしましょう。

間違った情報に惑わされない

銀行系とされる消費者金融は、「系」であっても銀行の名がつくことで金利面で優れていると思われがちです。実際、ネット上には「銀行系は金利に注目」などと書かれている場合もありますが、消費者金融である以上は銀行系も独立系も金利はほとんど変わりはありません。

上に挙げた銀行系消費者金融のアコムと、独立系消費者金融大手アイフルの金利を見比べてみると、違いが無いのが分かります。アコムは実質年率4.7%~18.0%、アイフルは実質年率4.5%~18.0%となっており、下限金利を見比べても大きな違いはありません。

また、総量規制に関する記述でも銀行系の間違った認識で書かれている情報サイトも多数見受けられるので、銀行系であっても独立系であっても、どちらも同じ消費者金融として考えておくと間違いはありません。

銀行そのもので借りるのか、または貸金業者となる銀行系の消費者金融を利用するのかを明確にし、希望内容に合わせたカードローン利用ができるようにしておきましょう。

トップへ戻る